• 採用メッセージ
  • 応募要項
  • 代表メッセージ
  • ご家族の皆様へ
  • 社員紹介
  • キャリアステップ
  • アサヒディードってこんな会社
  • 内定者通信
  • アルバイト募集要項
CSFリカバリー・サポート・ネットワーク アミューズメントビジネス考

HOMEの中の 採用情報トップページの中の 営業部 河野 真一郎

子供のうちに一緒に過ごせる時間

育休を取得した営業部 河野 真一郎部長へインタビュー


なぜ育児休暇を取得しようと思ったのですか?

里帰り出産をした奥さんの話を聞いていると、生後2ヶ月経っても3-4時間毎に授乳(ミルクも併用)しなければならず、新生児のお母さんは本当に熟睡できないもんなんですね。大阪での生活を想定すると、近くにすぐに動ける頼れる人間が居ないこと、4月に移り住んだ今の土地での生活に慣れ切っていないこと、を勘案し育休を取ることを決めました。

会社からのリアクションはどうでしたか?

「取得しようかと考えている」ことを相談させて頂いた時に、周囲の方に本当に快く同意頂けたことが一番救われました。諸先輩方が「何かあったらやっとくから」と心強いお言葉を言って頂けたことは、取得へ向けて大きく背中を押してもらうことができましたね。また、育休取得を希望している後輩達が「先に取ってもらえて助かります。僕らも取り易くなりました」と言ってくれているのを聞くと、「取って良かった」と改めて実感します。

育休をとったことで子どもとのふれあい方は変わりましたか?

里帰り出産のため生後4ヵ月間一緒に生活していませんでした。その間、逢いに行ったのは3回なので「まずは人見知りされないように・・・」ぐらいにしか考えていませんでしたね、最初は。9日間集中的に一緒に暮らしたこともあって、もちろん今は超仲良し(?)で僕が笑うと大概笑顔を返してくれますよ。
How to抱っこ、ミルク、おむつシートの交換、お風呂 etcといったことを日々奥さんからスパルタ修行を受け、‘それなりに’1人でできるようになったところです。このように1日子供の面倒を看る経験をすると、如何にお母さんがタイヘンなのかを身をもって知ることとなり、「奥さんの負担を少しでも軽くすることができるように、協力して共に子育てに取り組もう」という気持ちがさらに強くなりました。



世の中のパパへメッセージをお願いします

子育てをする側になって初めて本当の意味で理解できたことですが、「親の有難み」を改めて感じ、『感謝』の言葉しか無いですね、ホント。仕事との両立はそれ相応にハードルが高いことでしょうが、「世の中で最もハードワーク」とされる主婦業と比べるとまだマシなのかも・・・笑

育休を活用し、自分の今後に続く後世の1人の人間を育てる意味合いでも子育てに邁進しましょう!!