HOME の中の 社会貢献活動トップページ の中の 社会を豊かにする活動 の中のスペシャルオリンピック協賛

社会を豊かにする活動

わたしたちは、スペシャルオリンピックスを応援します。

 スペシャルオリンピックス協賛

『スペシャルオリンピックス』とは?開催目的についてご紹介をさせて頂きます。
スペシャルオリンピックス(SO)は知的障がいのある人たち(アスリート)に様々なスポーツトレーニング とその成果の発表の場である競技会を年間を通じ提供し、彼らの自立と社会参加を応援する国際的なスポ ーツ組織です。スペシャルオリンピックスの歴史ですが、1962年6月に、ジョン・F・ケネディの妹のユーニス・ ケネディ・シュライバーが自宅の庭を開放して35人の知的障害のある人たちを招いてデイキャンプを行っ たのが始まりで、日本では、1980年4月に聖ミカエル学院の山本貞彰氏により、神奈川県鎌倉市にジャパン スペシャルオリンピック委員会(JSOC)が設立され5月にスペシャルオリンピックスの本部から42番目の組織 として認可されました。

スペシャルオリンピックス活動への参加

 
1983年には第6回夏季国際大会(米国ルイジアナ州バトンルージュ)に初めて日本と して選手団を送りました。その後JSOCは1992年に解散することとなりますが、現在のスペシャルオリンピックス日本のはじまりは、JSOC解散後、 熊本の有志により、新たにスペシャルオリンピックス・熊本が1993年に設立(細川佳代子理事長)され、その後スペシャルオリンピックス日本 (SON) が国内本部として1994年にSO国際本部の認証を受け発足、現在は、公益財団法人として認定を受け活動中です(現在の理事長は有森裕子氏)。
現在では、国際本部は米国ワシントンDCにあり、世界175カ国以上で310万人を超えるアスリートが参加し、 75万人を超えるボランティア活動を支えています。
知的障がいのあるアスリートと市民ボランティアがスポーツを通じて自然な交流を育むことにより、ソーシャルイン
クル-ジョン(包み込む社会)を促進する一助になることを目指しておられます。

2001年 スペシャルオリンピックス日本・大阪に社員有志がボランティアで参加
2002年 スペシャルオリンピックス日本・大阪に社員有志がボランティアで参加
2003年 スペシャルオリンピックス日本・大阪に社員有志がボランティアで参加
2005年 スペシャルオリンピックス トーチランinUSJに社員有志が参加
2008年 スペシャルオリンピックス日本・大阪の活動に社員有志がボランティアで参加
2010年(11月)

「第5回スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・大阪」の開催主旨に
賛同し協賛、社員有志がボランティアで参加

2012年(8月)

「2012年スペシャルオリンピックス日本・大阪水泳競技会」の開催主旨に賛同し協賛、
社員有志がボランティアで参加

2012年(11月)

「2012年第1回スペシャルオリンピックス日本・近畿ブロック大会」の開催主旨に賛同し協賛、社員有志がボランティアで参加

2013年(4月)

「2013年定期会員集会」に出席し、「アスリートレクレーション(大阪市立天王寺動物園見学)」に社員有志がボランティアで参加

2013年(8月)

「2013年スペシャルオリンピックス日本・近畿ブロック水泳競技会」の開催趣旨に賛同し
協賛、社員有志がボランティアで参加

2014年(8月)

「2014年スペシャルオリンピックス日本・近畿ブロック水泳競技会」の開催趣旨に賛同し
協賛、社員有志がボランティアで参加

2016年(5月)

「スペシャルオリンピックス日本・大阪 第23回 共生・共走リレーマラソン」の開催趣旨に賛同し 協賛、社員有志がボランティアで参加

2016年(8月)

「2016年スペシャルオリンピックス日本・大阪 地区水泳競技会」の開催趣旨に賛同し
協賛、社員有志がボランティアで参加

2016年(9月)

「2016年スペシャルオリンピックス日本・大阪EKSデー 交流ボウリング大会」の開催趣旨に賛同し 協賛、社員有志がボランティアで参加

2016年(12月)

「スペシャルオリンピックス日本 2016年第1回全国ユニファイドサッカー大会」の開催趣旨に賛同し 協賛、社員有志がボランティアで参加

2017年(5月)

「スペシャルオリンピックス日本・大阪 第24回 共生・共走リレーマラソン」の開催趣旨に賛同し 協賛、社員有志がボランティアで参加

2017年(8月)

「2017年スペシャルオリンピックス日本・大阪 地区水泳競技会」の開催趣旨に賛同し
協賛、社員有志がボランティアで参加



(活動背景)

『企業は社会の公器である』とアサヒディードは考えております。
「ひとりひとりができる小さな善意でも、コツコツ育てれば、必ず大きな成果となる」という気持ちを
持ち、日頃は日の当たらない小さな福祉団体や障がいのある方々の自立および社会参加、また
その活動をサポートする団体の活動支援を行っております。

『最近の活動報告』

2017年8月6日(日)に「2017年スペシャルオリンピックス日本・大阪 水泳競技会」のボランティア活動に弊社従業員が参加いたしましたので、概要をご報告申し上げます。大会は桃山学院大学で行われ、総勢100名のアスリートと180名のボランティアやコーチ、競技役員、応援団が集結して行われました。弊社社員3名も他のボランティアの皆様と協力し、大会の運営補助(競技終了後の選手の招集や表彰準備)をお手伝いさせて頂きました。 当日は、気温が37度と今年一番の暑さでしたが学生ボランティアや、他企業の皆様、大会サポートの方々と協力して、アスリートの表彰や誘導の補助(お名前と競技内容を確認して表彰台までご案内するなど)を行いました。10歳から47歳と幅広い年齢層のアスリートは、 午前中は予選を行い午後は決勝と忙しいスケジュールにもかかわらず、アクティブに競技へ取り組んでおられました。競技を終えて順位が出るまで時間が掛かり、選手を暑い体育館で待たせてしまう事も多かったですが、皆様疲れた表情を見せず待機して頂き、問題なく表彰式を終える事が出来ました。

2017年スペシャルオリンピックス日本・大阪 地区水泳競技会の様子