• 環境に優しい活動
  • 店舗の節電
  • 本社の節電
  • ボランティア
  • 社会を豊かにする活動
  • スペシャルオリンピックス協賛
  • 児童福祉支援
  • 就労支援
  • その他(東日本大震災の支援活動報告など)
CSFリカバリー・サポート・ネットワーク

環境に優しい活動

『店舗のエネルギー節減』

電力の使用状況を”視える化”する
デマンド監視システム装置を全店に導入・設置し、季節/気温
などの状況に応じて、最適な環境を目指しています。

  • 店舗毎に電力・ガス使用量の削減目標を定め、取り組みを展開しています。 具体的には、「遊技台の電源」「照明」に関してなるだけ開店前まで使用を控え、閉店後は直ちに消す、 といったことです。
  • 「空調」についても数基設置しているエアコンを段階的に作動させ、電気・ガス効率 を高める取り組みを行っています。

『CASBEEでA評価を取得』(イルサローネ藤井寺店)

2013年度、イルサローネ藤井寺店は国土交通省が推奨している「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)」において、 5段階中2番目に高い「A評価」を取得しました。

<CASBEEの評価方法>
CASBEEの評価方法は「建築物の環境品質・性能(3項目)」及び「建築物の環境負荷低減性(3項目)」の計6項目の得点を もとに、建築物の環境性能効率を算出し、「Sランク(素晴らしい)」から「Aランク(大変良い)」、「B+ランク(良い)」、「B-ランク(やや劣る)」、 「Cランク(劣る)」までの5段階で評価を行います。

同制度は省エネや室内の快適性、環境への配慮などを含めた 建築物の品質を評価するシステムです。イルサローネ藤井寺店はエネルギーに対する項目が5点満点中4.3点と 高く評価されました。

例えば、イルサローネ藤井寺店では店内の湿度や温度、二酸化炭素濃度をセンサーで 感知できるようになっており、自動的に空調効率の良い働きで店内環境を整える事ができます。

また、空調の 1つである「GHP(ガスヒートポンプ)」は、自己発電で電力を賄えるため、節電に大きく貢献しています。 このような点が「A評価取得」に繋がりました。

<イルサローネ藤井寺店の認定書> *クリックすると認定書がご覧頂けます

認定書 ←文字をクリックして下さい!(pdfへリンクします)

他業界からみても、今回の「A評価取得」は非常に価値のある事なのだと認識しております。

 節電への取り組み(施設管理部門 畑山 智雄マネジャー)

アサヒディードでは、現在全店にエネルギ‐管理担当者を配置しております。本部の  施設管理部門と、連携を図り、見えタロー(デマンド監視システム)などを活用し  エネルギー管理に努めております。

また実温管理を徹底し、お客様への遊技環境整備にも力を入れております。出来る事は、限られているかもしれませんが、今後も前向きに取り組みを行っていく予定です。

ここでは、施設管理担当の畑山マネジャーに節電への取り組みについて、お伺い致しました。


①店舗では、日々様々なエネルギー削減への取り組みを行って頂いております。具体的にどのような箇所で削減に取り組んで頂いていますか?また新しく取り入れた設備などはありますか?  「全店舗にデマンド監視システムを導入し、数値確認を出来る事で、開店前・閉店後の照明や島電などの使用方法には工夫をしております。また古い設備を最新式に入れ替える事で節電へと繋がっております」

②店舗それぞれにエネルギー管理担当者を設置しておられますが、どのようなアドバイスを行っておられますか?店舗の意見などあれば、教えて下さい  各店の担当者から、毎月の実績を報告してもらい、数値の理解を深めて貰っております。最近では定休日の照明・島電の使い方や季節に応じた節減方法などを伝えて実践して貰っております。 少しずつではありますが確実に、節減の効果は数値で現れていっております。

③様々なエネルギーが自由化されいますが、畑山Mが注目しているエネルギーは何ですか?今後パチンコホールのエネルギー削減の課題があれば、教えて下さい。  パチンコ店でのエネルギーは主に、電気・ガスとなります。ガスも自由化となり、選択が増える事で、費用の適正を図る事が出来ると感じております。 取り組みたい事とすれば、クールビスは浸透してきておりますが、ウォームビズで何か取り組みがあればと考えております。