イルサローネ泉佐野店 立体駐車場幼児社内放置を早期発見し 無事幼児を救出

7月9日(日)に発生しました立体駐車場における、幼児の社内放置に関して、双葉警備保障のスタッフとIL泉佐野店のホールマネジャーが早期発見と対応に努めてくれました。警備スタッフは、定例巡回を忠実に行い早期発見に努め、発見後も速やかに店舗へ連絡を行ってくれました。 連絡を受けたホールマネジャーは、全従業員に対しお客様一人一人に声掛けの指示を出すと共に、施設内への連絡を並行して行ってくれました。 その結果、スポーツクラブに居た幼児の母親に連絡が届き、無事幼児を救出することができました。日頃からの想定、準備を行い、有事の際にも冷静に判断をしてくれました。7月度の月刊MVSにも輝きましたのでご報告します。

           

今後の店舗運用について

自社店舗では、パチンコ業界を中心に社会問題となっている社内放置死亡事故 撲滅の為、警備員及び店舗社員によって、定期的に巡回し、社内放置を早期に発見し、事故を未然に  防ぐべく、店舗のオペレーションをこのように現場の従業員含めて委託先様ともども、お客様に対しての気遣いやおもてなしの 気持ちをもって、安心・安全な施設環境を保つべく努力されている事に対して、会社として感謝するとともにMVSとして表彰致します。徹底している店舗の駐車場警備においては、ほぼ委託している状況ではありますが、委託先   警備会社 及び、派遣されている警備スタッフに至るまで、会社の方針が把握され、実践されている事 に感謝をしたいと思います。                                              



広報まとめ一覧へ】