2017年スペシャルオリンピックス日本・大阪 地区水泳競技会のボランティア活動

開催趣旨

8月6日(日)に「2017年スペシャルオリンピックス日本・大阪 水泳競技会」のボランティア活動に弊社従業員が参加いたしましたので、概要をご報告申し上げます。 大会は桃山学院大学で行われ、総勢100名のアスリートと180名のボランティアやコーチ、競技役員、応援団が集結して行われました。弊社社員3名も他のボランティアの皆様と協力し、大会の運営補助(競技終了後の選手の招集や表彰準備)をお手伝いさせて頂きました。 弊社は、2001年より継続して当ボランティア活動に参加しております。今後もこのような活動を通して、お一人でも多くのアスリートのサポート・支援をさせて頂ければと考えております。

           

当日の様子

当日は、気温が37度と今年一番の暑さでしたが学生ボランティアや、他企業の皆様、大会サポートの方々と協力して、アスリートの表彰や誘導の補助(お名前と競技内容を確認して表彰台までご案内するなど)を行いました。10歳から47歳と幅広い年齢層のアスリートは、午前中は予選を行い午後は決勝と忙しいスケジュールにもかかわらず、アクティブに競技へ取り組んでおられました。競技を終えて順位が出るまで時間が掛かり、選手を暑い体育館で待たせてしまう事も多かったですが、皆様疲れた表情を見せず待機して頂き、問題なく表彰式を終える事が出来ました。

参加者の感想

毎年ボランティアに参加させて頂いている事もあり、アスリートと顔見知りになる事もあります。アスリートの方から話し掛けてくれたり、お願いすればすぐ対応してくれたり良い関係が築けていると感じます。今後も、継続的なサポート・支援活動を進めて参ります。



広報まとめ一覧へ】