慶徳会主催「ドリームフェスタ2017」への参加

(内容)

12月17日(日)茨木市にある児童養護施設「慶徳会 子供の家」で開かれた「ドリームフェスタ」へ参加しましたのでご報告します。 ドリームフェスタには2006年から参加させて頂いており、今年で11回目の訪問になります。(2009年はインフルエンザの流行により中止)。 当日は、弊社会長の板倉より図書カードとクリスマスプレゼントをお子様へお渡ししました。 施設内はクリスマス仕様に飾り付けられて、見ていて楽しい気分にさせてくれました。

           

慶徳会とは?

様々な理由により、環境上養護を要する児童をお預かりして、家庭にかわって養護し、健全な社会人として自立することを支援している施設です。 一人一人の個性を認め、それぞれの自己実現を追求し、心豊かな社会人として自立できるようサポートされています。 施設は子どもたちにとって生活の場であり、自主性・自律性を重んじながら、“子どもの最善の利益”を求め、職員達とともにみんな仲良く日々の生活を送っています。 地域との交流活動など、ひとりひとりが心豊かなたくましい子どもに育つよう援助されています。

アサヒディードと慶徳会のつながり

弊社が経営している「イル・サローネ茨木店」と慶徳会様は以前から交流があり、2009年より、茨木店の店内に募玉箱を設置しており、募玉や募菓子を募っており、お客様から頂いた募玉は玩具などに替えて定期的に寄贈させて頂いております。また、社長の板倉が大阪福祉防犯協会の副会長を務めているご縁もあり、同団体の活動に共感し、少しでも何かご協力が出来ればという想いから、 2006年度よりサポート活動を継続して行っております 。 今年は、弊社の設立50周年を記念して、子供の家のお子様がカラフルな手型のアートで作品を作りプレゼントで御祝いしてくれて、とても嬉しかったです。

ドリームフェスタに参加して

慶徳会に到着すると、お子様たちクリスマスの飾り付けや、お子様の絵が私たちを迎えてくれました。 キャラクターの肌着や靴下と人数分の図書券をお子様に手渡しすると、「毎年ありがとうございます、嬉しいです」と笑顔でお返事をしてくれました。 慶徳会には、小さなお子様から高校生まで現在52名のお子様が在籍しており、毎年の成長に驚きます。 午後からの舞台は、それぞれのチームが楽しい演出をしてくれて時間を忘れさせてくれました。 寒い日でしたが、皆様元気良く挨拶してくれてこちも暖かい気持ちになりました。 このお付き合いを大切にして、今後もお子様の成長を見守りたいです。

広報まとめ一覧へ】