アサヒディードについて|アサヒディードの歴史

アサヒディードの歩み

これまでの歴史

戦後の復興期から高度成長期、バブルと時代の荒波を乗り越え、パチンコ業界でひときわ存在感を放つアサヒディード。その創業から今日までの70年を振り返ってみます。

草創期1946-1966(創業前史)

草創期1946-1966(創業前史)創業者・徐奇煥

アサヒディードの前身となったのは、終戦間もない1946年に大阪生野区で創業した醤油醸造会社「丸石醤油」。創業者は1919年に日本統治下の朝鮮(現大韓民国)で農家の長男として生まれ、その後日本に渡った徐奇煥先代社長です。焦土からの復興を目指す日本で、自らも新たな人生を切り開いていこうという意欲に燃えた弱冠27歳の若者でした。

草創期1946-1966(創業前史)

起業家精神に富んだ先代は、醤油製造からスタートし、9年後の1954年には大阪市東区材木町(現中央区)にパチンコホールの1号店である「銀星」を開業します。これが、現在のアサヒディードの前身となりました。その後、不況などで厳しい状況が続く中でも、先代の起業家精神は衰えることがなく、大阪市内を中心にパチンコホールを次々とオープン。1960年には現在の「エリート池田」の前身となる「池田センター」が誕生しています。

成長・発展期1967-1997

成長・発展期1967-1997

先代はさらに事業の多角化へと舵を切ります。ボウリング場やスケートリンク、プールを併設した総合レジャー施設「アサヒスポーツセンター」を大阪市東成区にオープンしたのは1967年。そのスケールの大きさから「東洋一のレジャー施設」と呼ばれ、話題を集めることになります。

ところが、1970年代初頭に日本を襲ったオイルショックの影響、ボウリングブームの終焉などもあり、このアサヒスポーツセンターの経営は一転厳しい状況に追い込まれます。それならと、強気の先代は本業のパチンコ店経営に活路を見出していきました。1974年にオープンした「エリート東住吉店」は象徴的な存在となりました。この成功を機に組織も株式会社化。これが「株式会社アサヒスポーツセンター(略称ASS)」の誕生です。

成長・発展期1967-1997

オイルショックによる不況が続く中でも不撓不屈(ふとうふくつ)の精神で事業に打ち込んできた先代社長が、病に倒れ帰らぬ人になったのは1977年のこと。創業者を失った会社は先代の伴侶だった板倉照子を新社長に迎え、20代の長男・板倉行央(現アサヒディード代表)が専務となりこれをサポートしていくことに。

その後、1970年代後半には、パチンコ革命とも言える「フィーバーブーム」が業界を席巻することになり、会社にも追い風の兆しが現れ始めます。しかし、板倉専務はブームに乗り追い風の吹いているときだからこそ、接客やサービスを充実させ、パチンコ店としての体質強化を図ろうと尽力しまいした。この頃から「人を育てる」ことを重視する社風が急速に根づいてきます。

ブームの後押し、そして接客・サービスの強化が功を奏し、事業も順調な成長軌道に。1983年に人口集積地だった門真市に「エリート大和田店」がオープンしてさらに勢いに乗ります。やがて1990年初頭には、パチンコが30兆円産業と言われるまでに急成長。1991 年には社名も「株式会社アサヒディード」と新しくします。さらに1993年には、業界では珍しく新卒採用をスタート。以来今日に至るまで、新卒採用は継続しています。

成長・発展期1967-1997イル・サローネ三宮店

同じ90年に生まれたのが、新ブランドの「イル・サローネ」。1995年オープンの「イル・サローネ茨木」を皮切りに池田店、三宮店を相次いで打ち出していきます。なお、イル・サローネ茨木の店舗設計は世界的な建築家であるアルド・ロッシ氏を起用したことでも話題となりました。

進化・飛躍期1998-2017

1990年代初頭から半ばにかけパチンコ事業を急拡大させてきたアサヒディードが、さらなる飛躍のために、経営改革や社内改革に力を入れ始めたのが2000年前後のこと。会社設立30周年の節目となった1998年には現在につながる「経営理念」や「行動基準」など、さまざまな指針を大きく打ち出していきます。

さらに、すべてのステークホルダーから信頼されることが、企業の健全な成長発展に欠かせないという考えから、「社会貢献」への取り組みや「価値ある仕事」の創出を経営活動の中心に据えようという動きも出てきます。頑張った人が報われる「公正な評価」を取り入れた「新人事制度」がスタートしたのもこの頃でした。また同時期には、新ブランド店「イル・サローネ」が次々にオープン、収益性の高い大型店舗も相次いで登場していきます。

進化・飛躍期1998-2017イル・サローネみてじま店

「より多くのお客様に喜ばれる娯楽を通じて豊かな暮らしを実現します」という、現在の経営理念が生まれたのは2007年のこと。「100年企業」を宣言し、未来へのビジョンを明確化したのもこの時期です。

そして、創業70年を迎えた2016年、「感謝の気持ちを伝えよう」という「新・行動基準」が制定されました。この新体制では「人の成長が、企業を成長させる」という信念の下に、人材育成の考え方、手法がさらに洗練されていきます。今、アサヒディードが目指すのは、社員一人ひとりが「働きがい」と「誇れる価値」を持てる企業となること。その挑戦はすでに始まっています。

アサヒディードについて